[TEC] FT600シリーズ用 仮想COMポート生成アプリケーション FT6-VCP

 FTDI社のUSB3.0ブリッジIC FT600/FT601の送受信を仮想COMポートから行えるアプリ FT6-VCP をご紹介します。
PC側のプログラム不要でデータの入出力が可能です。FPGAなど通信相手の開発やデバッグにお使いいただけます。

FT600評価ボード USB-106
FT601評価ボード USB-107

更新履歴
2018/07/05 : 公開

 

ダウンロード
File Version Date

FT6-VCP

V11 2018/09/29

下記のOSでの動作を確認しています

  • Windows10 (64bit)

 

概要


<クリックして拡大>

FT6-VCPは仮想COMポートとFT600/FT601間のデータを中継します。あたかもFT600をCOMポートで開いたかのような環境を構築します。
FT600/FT601は下記の動作モードに設定されます。

プロトコル マルチチャンネルFIFO
チャンネル数 1
OUT Pipe (endpoint) 0x02
IN Pipe (endpoint) 0x82
FIFO Clock 100MHz

仮想COMポートは下記の設定でアクセスしてください。

ボーレート 自由
データ長 8
Stop bit 1
Parity なし
フロー制御 なし

 

使い方

 使用するCOMポート番号を選択しOpenしてください。
仮想COMポートとFT600のポートのOpenが、ともに成功した場合に仮想COMポートが作成されます。
仮想COMポートはCloseもしくはアプリケーションの終了時に自動的に削除されます。

FT600のポートOpenは単一のシリアルナンバー(デフォルトの"00000001")で行っていますので、PCに接続されるFT600/FT601は1つとしてください。

例)COM4を選択し、OpenするとデバイスマネージャーにCOM4 (FriendlyName = "HuMANDATA Virtual COM Port") が作成されます。
    FT6-VCPのタイトルバーに仮想COMポート名 [COM4] が表示されます。
  ターミナルソフト(TeraTermなど)でCOM4を開き、データの送受信を行うことができます。

 

 

受信

 具体的な使用例をお示しします。テスト用ボードとして EDA-009USB-106(FT600)を使用しています。

 受信待ち状態であるFT600に対し、通信相手(FPGA)から13Wordのデータを送信します。

データ "ABCDEFGH...XYZ"を送信した際のSignalTap波形

<クリックして拡大>

↓ FT6-VCPがFT600からの受信を処理し、仮想COMポートにデータを渡します。


<クリックして拡大>

↓ TeraTermでデータが表示されました

 

送信(1Byte)

 仮想COMポートから1Byteのデータを送信し、FPGAで取り込みます。

↓ "1"のキーを押したのでFT6-VCPは仮想COMに入力されたデータ"1"をFT600に書き込んでいます。

↓ FPGAはFT600が「送信FIFOにデータ在り」となったことを検出し取り出しています。1Byteの送信なので上位Byteのデータは不定値です。


<クリックして拡大>

 

送信(複数Byte)

 仮想COMポートから複数バイトのデータを送信し、FPGAで取り込みます。

↓ 10Byteのデータ "0123456789" を入力したファイルを送信します。

↓ FPGAはFT600が「送信FIFOにデータ在り」となったことを検出し取り出しています。5Wordのデータが取り込まれています。


<クリックして拡大>

 

オプション機能

 いくつかの機能を個別に実行できます。

タイトル 説明

[VCP]

Create Port

指定したCOMポート番号の仮想COMポート作成のみ行います

FT600/FT601のポートOpenは行いません

[VCP]

Delete All HuMANDATA VCP

何らかの原因で仮想COMポートが消えなかった場合に実行してください

Friendly Name が "HuMANDATA Virtual COM Port"となっている仮想COMポートのみを削除します

[FT600]

Show Device List

認識しているFT600/FT601を列挙します

*FT6-VCPを使用する際は1つのみ認識された状態としてください

[FT600]

Port Open

FT600/FT601のポートをOpenします

[FT600]

Get ChipConfiguration

FT600/FT601の動作設定を読み出します

[FT600]

Set ChipConfiguration

FT600/FT601の動作設定を「概要」に示した内容に設定します

設定後ICの再起動のためポートを閉じます

[FT600]

Set Default ChipConfiguration

FT600/FT601の動作設定を出荷時状態に戻します

設定後ICの再起動のためポートを閉じます

[FT600]

Write

Sizeで指定されたByte数のデータを出力します

仮想COMポートへのアクセスはありません

 

下記もご参照ください

 

お問い合わせについて

ご質問、間違いなどありましたらごご連絡・ご指摘ください。
ソースなどの提供は行っておりません。予めご了承ください。

 


[kw] TEC-FPGA 2018-04-24 FT600 FT601 EDA-009 EDX-009 USB-106 USB-107


[]