ACM-012Yにて5Vバススイッチに入力可能な最大周波数を教えてください

ご質問:

ACM-012Yを検討しています。入力信号として外部回路(PLL回路)から70MHzのCLKを搭載のバススイッチを経由して入力させることは可能ですか?

 伝搬可能な周波数についてはお答えするのは難しいです。バススイッチのデータシートにも明記されていないかと思います。入力波形の特性など、複数の要素が関係するためと考えています。
 採用しているバススイッチのメーカであるTIよりアプリケーションノートが公開されておりますのでご参照ください。(章5.3.1.3)
http://www.ti.com/jp/lit/pdf/scda008

 参考として、10MHzと50MHz(方形波)におけるバススイッチの入出力波形を示します。


クリックして拡大


クリックして拡大

 50MHzでは入力の時点で波形が鈍っていますが、出力波形の振幅はFPGA入力に対して十分です。伝搬遅延もわずかと言えます。"用途によって"は問題ないのではないかと考えます。
 FPGAはPLLを有しております。70MHzをそのまま供給せず、もっと低い周波数で確実な入力を行い、FPGA内部で入力信号に同期、逓倍された信号を利用するような方法も考えられます。

 5Vトレラントが不要でしたら、バススイッチを通らないクロック入力専用経路も用意されています。(決して5V系の信号を接続しないようご注意ください)


クリックして拡大

 

下記もご覧ください

5V入出力対応FPGAボードについて

 


[kw] 2016-03-22 ACM-012 ACM-012Y ACM-029 ACM-029Y XCM-019 XCM-019Y


[]