ACMシリーズのJTAG用コネクタはなぜソケットですか

ご質問:

ACMシリーズのJTAGコネクタはピンヘッダでなくソケットのようですが、どのように使用しますか

 当社のACMシリーズの多くは、ソケットを用いています。これに付属のオスピンヘッダを装着することで、USB Blasterなどのダウンロードケーブルと接続することができます。次図をご覧下さい。

10ピンJTAGコネクタの使い方

 JTAGの操作が必要ないときには、ピンヘッダを取り外しておくことができます。ACMシリーズは組込用途が主ですから、コンパクトに実装するためもありソケットを採用しています。専有面積も少なくて済みます。
(当社の採用しているソケットは、一般的な丸ピンソケットでなく、0.64mm角ピンに対応したものです)

10ピン、7ピンコネクタについてのリンク


JTAGコネクタを低床で引き出すためのアクセサリもご用意しています。 10pin-JTAG 延長用フレキシブル基板


[kw] 2011-08-18 ACM JTAG 10ピン


[]