[FAQ]RS485 RS422変換器で、終端抵抗がなくても通信できます。終端抵抗を取り付けすることで、どのような効果がありますか?

 


質問

RS485 RS422変換器で、終端抵抗がなくても通信できます。
終端抵抗を取り付けすることで、どのような効果がありますか?

 

 終端されていない(通信ケーブルの末端が切断された状態)ケーブルに高速な信号を流すと、反射により信号が乱れる場合があります。
終端抵抗は、この乱れを防止する役割があり、RS485 RS422 ネットワークの両端機器に取り付けします。
終端抵抗を取り付けすることで、信号の振幅は減少します。

USB-010 USB RS485/RS422 絶縁型変換器を使用して、通信速度12Mbpsでデータを送信。
RS485 RS422側のケーブル長を「1m」と「100m」、終端「なし」と「あり」の波形をお示しします。
 

CH.1(黄色): Y信号 (送信+ )とZ 信号(送信- )の差動信号


【RS485 RS422側ケーブル長:1m、終端なし

クリックして拡大


【RS485 RS422側ケーブル長:1m、終端あり


クリックして拡大


【RS485 RS422側ケーブル長:100m、終端なし


クリックして拡大


【RS485 RS422側ケーブル長:100m、終端あり


クリックして拡大


以下は通信速度を9,600bpsに設定して観測したものです。
(上記の通信速度12Mbpsと比較すると終端「なし」でも反射による波形の乱れは少ない)

【RS485 RS422側ケーブル長:100m、終端なし、通信速度 9,600bps】


クリックして拡大


【RS485 RS422側ケーブル長:100m、終端あり、通信速度 9,600bps】


クリックして拡大


デモ機での確認

 実際にデモ機(無料)にてお確かめいただくことができます。
デモ機はこちらよりお申し込みください。(法人に限らせていただいております)

 


 

[kw] USB-010 USB-003 USB-305 RS485 RS422 終端 抵抗 FAQ-FA


[]