USB-037(USBウオッチドックリレー)をLinuxで使用する

 USB-037(USBウオッチドッグリレー)はUSB接続にCDCドライバを使用しています。

Linuxに接続し、リレーのON/OFF制御を試しました。

 

環境

・Ubuntu 14.04

Linux専用マシンではなく仮想環境(VMware)を使用しました。

 

結果

 USB-037をPCに接続し、dmesgコマンドの結果を以下に示します。ドライバのインストールは不要でポート名は"ttyACM0"として認識されます。

 

 ターミナルソフト GtkTerm を開き、Configuration>Portをクリックします。ポート名"/dev/ttyACM0"を選択し、OKをクリックします。

 

※権限の問題で下記のようにCOMポートが開けないことがあります。

 

この場合は、ターミナルに sudo gtkterm と入力し実行します。

現在のユーザを dialout グループに所属することで対応することもできます。
ターミナルに sudo adduser {USER NAME} dialout と入力しグループに追加します。
一旦ログアウトし、ログインし直してから gtkterm を実行します。

 

入力コマンドが見えるようにするため GtkTerm の設定で「Local echo」と「CR LF auto」にチェックします。

 

USB-037にコマンドを送信し、動作を確認します。

 

デモ機での確認

 実際にデモ機(無料)にてお確かめいただくことができます。
デモ機はこちらよりお申し込みください。(法人に限らせていただいております)

 

サポートについて

 本ページでお示しするのはあくまでもご参考用です。どうぞ参考になさってください。
Linuxの使用方法などについてはサポート対象外とさせて頂いております。

 


[kw] 2017-11-22 USB COM ポート Linux USB-037 ウオッチドッグ リレー


[]