EDA-008で100MHzを扱うことは可能ですか


引用

EDA-008で100MHzを扱うことは可能ですか?

弊社では、ボードの性能について仕様として定義しておりません。また性能はお客様が作られる内部回路に依存することとなります。
参考として、EDA-008に信号を入力し、そのまま(反転して)出力した波形を観測しました。
入力信号はパルスゼネレータにより0-3.3Vの方形波を入力しています。出力はFPGAのVCCIO=3.3VのLVTTL出力です。

テスト回路(FPGA内部回路)

※入出力ともにEDA-008のCNA/CNBの位置で50Ω終端しています。

(クリックして拡大)

次の波形は、上段:入力波形(パッシブプローブによる)、下段:出力波形(FETプローブによる)となっています。

100MHzに於ける観測波形

(クリックして拡大)

50MHzに於ける観測波形

(クリックして拡大)

どうぞ波形を見ていただき、一つの判断材料としていただければ幸いです。

(波形の乱れについてのご参考ページ)

お問い合わせについて

 弊社では、FPGAそのものの使い方、開発ツールの使い方などは、サポートしておりません。



[kw] EDA-003 USB-FPGA 100MHz 50MHz


[]